エステサロン脱毛と医療機関脱毛の違い

エステサロン脱毛と医療機関脱毛の違い

いざ脱毛しようとなったときに大きく分けてエステサロンでやる脱毛、医療機関でやる脱毛、時ダクでやる脱毛の3つが挙げられると思いますが今回はエステサロンでやる場合と医療機関でやる場合の脱毛について説明します。

エステサロンでの脱毛について

医師はいません。カウンセリングはエステティシャンまたはカウンセラーの方が行います。
使用機器は医療機関で使用しているものよりも弱い力のレーザー(フラッシュ脱毛と呼ばれています)を使用するため、脱毛完了するまでの施術回数は個人差はありますが医療機関よりも多めになります。

脱毛完了までの期間が医療機関よりも長くなるため、エステサロンでの脱毛のほうが費用は安く設定されています。

医療機関での脱毛について

医療機関での脱毛は、資格がある方が施術を行うという点がエステサロンでの脱毛との大きな違いです。資格がある方なので、施術後の肌トラブルなどの対応は身についています。(エステサロンの方が身についてないということではありません。資格取得者のためある一定の知識の水準が満たされているという意味です)
また、上記でも述べましたが使用する機器の力は医療機関の方が強いです。ですのでエステサロンでの脱毛より脱毛完了までの施術回数は少なく済みます。

エステサロンと医療機関の比較

上記で述べた点も含めて、エステサロンと医療機関での脱毛を表にまとめて比較しました。

医療機関 エステサロン
一回あたりの金額 高い 安い
施術回数 少ない 多い
カウンセリング 資格保持者 誰でも(カウンセラーやエステティシャン)
担当者 資格保持者 誰でも
肌トラブル対応 資格保持者のためその場で診察・薬の処方ができる 資格がないため、店舗では対応できない。提携の医療機関での診察する必要がある

どんな方に向いているの?

毛の濃さ、脱毛部位、お金などにより変わってきますので一概にどんな方に向いているとは言えません。また、肌の状態や体質によりレーザー脱毛の種類によっては肌に異常をきたす恐れもあるため、できるなら体験脱毛をまずはじめにすることをお奨めいたします。体験脱毛あるクリニックやサロンなども最近では増えてきたので試しに体験脱毛してみてはいかがでしょうか?