【徹底解説】キャンセルしたい?脱毛でクーリングオフする方法

脱毛を思い立って契約したが、途中で気が変わったり、引っ越ししなくてはいけなくなったりして契約自体をキャンセルしたい場合があると思います。
そんな時に脱毛サロンのサイトでは説明されていなかったりするので、自分で調べてキャンセルしなくてはいけません。

今回は、脱毛の契約自体をキャンセルするクーリングオフの方法を解説します。(私も一度大手サロンの契約をクーリングオフしています。)

クーリングオフとは

クーリングオフ(英語: cooling-off period)とは、一定の契約に限り、一定期間、説明不要で無条件で申込みの撤回または契約を解除できる法制度である。ただし、申込者が商人または契約が開業準備行為であるものに対しては、適用されない。

上記の通り、クーリングオフとは契約解除ができる法制度です。脱毛サロンに限らず様ざな契約に対して有効な法律ですので、今後のためにも知っておいて損はないと思います。

クーリングオフの導入の背景

自宅に不意な訪問を受けて勧誘される、自らの意思があやふやなまま契約してしまうことがあるため、契約する側(消費者)が冷静に再考する機会を与えるために導入された制度です。

契約種類 解約までの期間
訪問販売(キャッチセールス、アポイントメントセールス等を含む) 8日間
電話勧誘販売 8日間
通信販売: なし (ただし、返品の可否や条件について、必ず(広告やサイト上に)表示するよう定められており、その表示がない場合、商品の引き渡しを受けた日から8日以内であれば、消費者が送料を負担して返品することができます)
連鎖販売取引(マルチ商法) 20日間
特定継続的役務提供(エステ、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室など) 8日間

脱毛サロンの契約は特定継続的役務提供になるため、クーリングオフの対象となっています。
解約までの猶予は8日間のため、ゆっくりしていると過ぎてしまうため、キャンセルする意思は早めに固める必要があります。

クーリングオフするための条件

上記の解除までの猶予内にクーリングオフすることは必須ですが、その他にも下記条件に当てはまっている契約でないと、クーリングオフができないため注意が必要です。

・契約した金額が5万円以上
・契約期間が1か月以上

また、以前までは医療脱毛はクーリングオフの対象外とされていましたが、特定商取引法改定(2017/12/1)により医療脱毛でもクーリングオフの対象となるようになりました。

クーリングオフのやり方

それでは上記の条件に当てはまっている方は、下記ステップの上からさっそくクーリングオフの準備をしていきましょう。

  1. 契約書(解約を希望するコースのもの)を手元に準備
  2. 書面作成(はがき・便せん)
  3. 上記の書面をコピー・保管
  4. 郵便局で送る(「特定記録郵便」「簡易書留」「内容証明」のどれかが確実)
  5. 返金

1.契約書(解約を希望するコースのもの)を手元に準備

まずは脱毛サロンと契約した際の契約書を手元に準備してください。後ほど金額や会社名、コース名などをもとに書面を作成する際に必要です。

2.書面作成(はがき・便せん)

クーリングオフ書面サンプル

上記サンプルのように下記項目を記載のうえ、書面を作成します。作成方法なんでもよく、エクセルやワードで作成してもよいですし、パソコンが今手元にないという人はA4白紙に直筆で作成しても問題ありません。
ここで重要なのはクーリングオフする際に必要な情報が全て記載されているということです。
作成したあとは抜け漏れ・誤字脱字がないかどうか再度チェックすることをおすすめします。

書面に記載する項目

  • 通知書(タイトル)
  • 契約年月日(契約書にサイン or 印鑑を押した日付です)
  • 商品名・契約内容(契約したコース名)
  • 契約金額(全部で支払う金額)
  • 販売会社の情報(会社名は必須です。支店名や担当者名はわかれば記載)
  • 契約解除をする旨を記載した文章
  • 書面作成日
  • あなたの住所
  • あなたの氏名
  • あなたの銀行口座情報(振込してもらいたい口座)

3.上記の書面をコピー・保管

もし何かあったときのために備えて作成した書類はコピーをとり、保管しておきましょう。

4.郵便局で送る

上記で作成した書類を封筒か何かに入れ、宛先を記入してください。
ただの郵便で送ってしまうと、届いていない・送ったの水掛け論になってしまい、最悪返金されない場合もあるため、「特定記録郵便」「簡易書留」「内容証明」のどれかが確実です。郵便局の窓口でお願いしましょう。

※相手の受領の記録になる簡易書留をお勧めします。

5.返金

契約日から8日以内に上記の行動を完了し、契約期間が1カ月以上、 契約金額が5万円以上の条件を満たしたものはクーリングオフ対象となるため返金を待ちましょう。
1~2ヶ月ほどかかる場合もありますので、それまで待てないという方は契約したサロンにかけあってみましょう。

クーリングオフの制約や期限

もう一度おさらいですが、下記がクーリングオフの対象となるものです。

クーリングオフの適用の条件
  • 契約日から8日以内
  • 契約期間が1カ月以上
  • 契約金額が5万円以上

注意事項

・契約日から8日の計算方法
こちらは結構勘違いされやすいのですが契約日+8日ではなく、契約日を含む8日なため、8/1に契約だった場合8/8までに書面を送らなければいけません。

まとめ

今回は、脱毛コースを契約したときのクーリングオフの方法について解説しました。選ぶコースによっては金額が大きくなるため、念の為契約する前にこちら知識を知っておくことで無駄なお金を出す必要がなくなります。