埋没毛(まいぼつもう)の原因と対処法

ムダ毛の自己処理の天敵とも言える「埋没毛(まいぼつもう)」。読んで字のごとく肌の下に毛が潜り込んでしまいそのままの状態になっていることなのですが、ムダ毛の自己処理をすればするほど悪化してしまう可能性もあるので安易に処理してしまうと色素沈着などをしてしまうかもしれません。正しい知識を身につけ快適な脱毛ライフを送りましょう。

埋没毛(まいぼつもう)とは?

  • ムダ毛処理をした後、何らかの原因で皮膚内部で成長してしまった体毛のこと
  • 皮膚の上に伸びてくるべき毛が皮膚下に成長してしまう

みたいな状態で簡単に言うと「皮膚の表面に出てこないという毛」。

埋没毛になった部分が多いと黒いブツブツがあるように見えてしまいます。
そして上記の状態より悪化すると皮膚が腫れたりすることもあるため、できるだけ埋没毛にならないようにムダ毛のケアを行う必要があります。

原因

埋没毛になってしまう主な原因として皮膚へのダメージ(乾燥や肌荒れなど)により角質が分厚くなってしまうことがあります。

角質が分厚くなったことにより、皮膚自体が厚くなり本来普通に生えてくるムダ毛が皮膚の表面に出ることができずに皮膚の下で育ってしまいます。
乾燥や肌荒れは自分でムダ毛処理などを行うと悪化するため、ムダ毛処理後に埋没毛によくなるという方はまずその方法をやめた方が良いです。最悪、色素沈着を引き起こすこともあります。

数あるムダ毛処理の中で一番肌にダメージを与えると言われているのが、カミソリによる剃毛です。
多かれ少なかれカミソリで剃毛すると皮膚ないし毛穴にダメージを与えてしまい、かさぶたができ、毛が外にでられなくなっていまう状態になります。

埋没毛の原因

・カミソリによる自己処理で皮膚を傷つける
・乾燥や肌荒れにより皮膚が分厚くなる

上記を気をつけることで埋没毛を減らすことができます。

対策

では、実際に埋没毛にならないためにはどうしたら良いのか?という点について解説いたします。
上でも書いた通り埋没毛になる主な原因は、自己処理で皮膚を傷つける、乾燥・肌荒れですのでなるべくこちらにならにように日々のムダ毛処理を行うことが大切です。

肌への負担が少ない自己処理にする

まずカミソリでムダ毛処理を行なっている方はやめましょう。(カミソリで処理しても埋没毛にならない人もいますが、負担がかかっているのは変わりません)
肌を傷つけにくい脱毛方法としておすすめなのが、電気シェーバーや脱毛クリームです。

電気シェーバーであれば皮膚に直接刃が当たらないため、傷つけずに剃毛することができます。ただ、カミソリと比べると深ぞりができないというデメリットもありますので、処理する部位によっては満足する結果が得られない可能性があります。

その場合は、除毛・脱毛クリームも選択肢として試してみても良いと思います。刃を当てずに脱毛できる、クリームを塗ってしばらく時間をおくだけと手軽に脱毛できるので、日頃のムダ毛処理のめんどくささから解放されます。(肌に合う合わないがありますので、事前に少量で試してからご使用ください)

自己処理後にはアフターケアをしっかりする

肌が乾燥する原因として、肌の保湿不足があげられます。お風呂から出ると肌は乾燥状態になるため、保湿用のボディークリームやローションなどで保湿するようにしましょう。特にムダ毛処理をした後などはしっかり保湿してください。

もしなってしまったら?

上記のように対策をしていても埋没毛になってしまうこともあります。そんな時に間違った対応をしてしまうと肌に色素沈着してしまったりするため、下記のように対応しましょう。

ピーリングやスクラブを使用する

埋没毛の原因として角質が古くなり厚くなることがありますが、それを解消する方法としてピーリングやスクラブの使用があげられます。

・ピーリング:角質化した皮膚を柔らかくし、除去することで肌を再生する
・スクラブ:細かな粒子が古くなった角質や皮脂、汚れなどを取り除く

のような違いがあるのですが皮膚を再度傷つける恐れもなく、お肌をキレイに保つ効果もあると言う点からおすすめはピーリングの方になります。
注意点としてはピーリングもスクラブも週に何回もやりすぎると肌へダメージを与えることになってしまうため、ご利用頻度に関しては製品の説明をよく読んでからやるようにしてください。

自然に抜け落ちるのを待つ

実は埋没毛はなったら永遠にそのままというわけではなく、皮膚の再生サイクルにより毛が表面にでてきますので無理に処理をする必要はない場合がほとんどです。
それでも埋没毛により腫れてしまったり、黒いボツボツが気になり早く解消したいと言う方は、上記のピーリング or スクラブか皮膚科に相談してみましょう。

まとめ

ムダ毛処理をしている人にとっては天敵の埋没毛ですが、適切に処理・予防することで肌への影響をなるべく少なくしていきましょう。
肌を綺麗に見せるためにムダ毛を処理しているのに色素沈着してしまって逆に汚く見えてしまうのは本末転倒ですので。